日焼け止めの種類

シミ、すっぴん、美肌、反射日焼け止めに配合されている紫外線防止剤には、紫外線を反射する「紫外線散乱剤」と、紫外線を吸収する「紫外線吸収剤」の2種類があります。

紫外線散乱剤は言葉の通り、紫外線を反射・散乱させて肌を守ります。主に、酸化亜鉛、酸化チタンなどが有効成分として配合されています。紫外線散乱剤は比較的、肌への負担が少ないため、肌が弱い人でも安心して使えます。

白色の無機粉末を使用しているので、肌の上にのせた時に白浮きして見える場合もあります。

対して、紫外線吸収剤は、紫外線を吸収し、熱や赤外線などのエネルギーに変化させて放出させます。主に、パラアミノ安息香酸誘導体、ケイ皮酸誘導体などが有効成分として配合されています。紫外線吸収剤は紫外線を防ぐ力は強いのですが、その分肌に与える負担が大きくなります。

シミ、すっぴん、美肌、日焼け止め日焼け止めには、クリームタイプ、ジェルタイプ、ローションタイプ、乳液タイプ、スプレータイプのものがあります。そして、保湿効果の高い顔専用、さっぱり使用できるボディ専用、全身用など、使用する部位別にも幾つか種類があります。汗や水で落ちにくいウオータープルーフの日焼け止めもあるので、夏場は常備したいですね。

日中、外出するのが短時間であっても肌はダメージを受けてしまいます。外出する時は必ず日焼け止めを塗りましょう。たとえ、ゴミ出し、洗濯物を干す、ちょっとそこのコンビニまで、というような時でも、紫外線対策は必要です。

今日も応援クリックしていただけたら嬉しいです。

人気ブログランキングへ