イボコロリでシミを取る!?

足

イボコロリを使ってシミを取る方法が一時期話題となりました。結論からいいますと、”もちろんオススメできません!”

イボコロリは、その名の通り、手足などにできたイボ、魚の目、タコなど、皮膚が厚く硬くなった部分を薬剤で柔らかくし、剥がすものです。それを皮膚の薄い顔に塗って剥がすのですから、ヒリヒリした痛みを伴ったり、炎症を起こし、跡が残って更にシミを作ってしまう可能性もあります。

イボコロリ、シミ消し、すっぴん、美肌無理に被膜を剥がしてしまえば、ケロイド状になることも考えられます。

小さい頃すり傷をしてカサブタができ、治りかけの頃に痒くてそのカサブタを無理に剥がしたことはありませんか?グチグチしたピンク色の皮膚が見えたはずです。あんな状態になったりします。しばらくは顔に絆創膏を貼って過ごすことになるでしょう。

「顔や目のまわり、唇、粘膜、首など皮膚の柔かい部分に使用しない」よう、注意書きも書かれています。イボコロリはサチル酸という角質軟化溶解作用を利用した角質剥離剤で、皮膚に塗布すると、その部分がすばやく乾燥し、白い被膜ができます。それを剥がして患部を取り除く薬品です。

なかにはイボコロリでシミを薄くした人もいるようですが、すべて自己責任です。自宅でケアするのであれば、有効な美白成分配合の化粧品を使用したほうが安全です。