美容に「グレープシードオイル」

グレープシードオイルとは

・ワインを造った後のブドウの種から採れるオイル

・主成分はリノール酸。約60~70%

・ビタミンEは100g中30~70㎎前後

・肌のクレンジングやエモリエント効果あり

*エモリエント効果→皮膚に潤いを与え、柔らかくする働き

・乾燥肌~脂性肌向き

注意点

やや酸化しやすい性質なので、早めに使い切る。

私のグレープシードオイルの使い方

私はメイク落としにクレンジング剤ではなく、オイル(純油)を使っています。

詳しくは過去記事へ

中でも一番のお気に入りは「グレープシードオイル」です。

使用感が軽く、値段もお手頃なのがお気に入りのポイントです

どうせ洗い流してしまうオイルなので、安い方がお財布に優しいですからね。

Aura CAcia, Grapeseed oil

写真のグレープシードオイルはボディ用(Aura Cacia, Grapeseed Skin Care Oil)ですが、食事にも食用のグレープシードオイルをオリーブオイルの代わりに時々使っています。

無味無臭なので、オリーブオイルの風味が苦手な方は料理に使いやすいと思います。

サラダドレッシングのほか、加熱料理にも向くといわれています。

ですが、酸化しやすいオイルなので、揚げ物などの高温料理には向かないという意見もあります。

結局のところ、どちらなんでしょう??私は専門家ではないのでハッキリわからないのですが。

Aura Cacia,Geranium

この写真のボディオイル(Aura Cacia, Comforting Geranium Body Oil)は、主成分がグレープシードオイル、アプリコットオイル、スイートアーモンドオイルでできています。

普通にボディオイルとして使うことが多いですが、時々メイク落としとしても使います。

疲れた日にはリラックスしたいので、ゼラニウムの香りに癒されています。