松下幸之助

道をひらくためには、まず歩まねばならぬ。

心を定め、懸命に歩まねばならぬ。

 

それがたとえ遠い道のように思えても、

休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる。

 

深い喜びも生まれてくる。

 

松下 幸之助(1894年11月27日 – 1989年4月27日)

日本の実業家、発明家、著述家。
パナソニック(旧社名:松下電気器具製作所、松下電器製作所、松下電器産業)を
一代で築き上げた経営者である。異名は経営の神様。<Wikipedia>