シミみかん

シミ予防に、美肌私達日本人にとって、「みかん」は身近なフルーツですね。特に冬は「こたつにみかん」と連想されるくらいですから。

みかんには、いま注目されているβクリプトキサンチンをはじめ、ビタミンC、粘膜保護作用を持つビタミンA、血管の機能を高めるビタミンP(ヘスペリジン)、セラミドなどが含まれるので、美肌をめざすあなたにもってこいの食べ物です。

色素成分βクリプトキサンチンは、肌の美白やコラーゲンを増やす働きをすることがわかっています。(できてしまったシミが消えるのではなく、シミをできにくくするシミ予防の働き)また、がんを予防する働きもあるのだとか。

大きめのみかん1個に、ビタミンCは約30㎎含まれています。

ビタミンCはコラーゲン生成に欠かせない成分です。また免疫力を高める作用もありますから、風邪やインフルエンザの流行る時期には積極的に摂りたいですね。

*みかんを3個食べれば成人が一日に必要なビタミンC摂取量が摂れるといわれていますが、みかんは体を冷やすので、冷え性の方は食べ過ぎに注意しましょう。

また乾燥させたみかんの皮は、「陳皮(ちんぴ)」と呼ばれ、漢方薬として使われます。目の細かなネットに入れてお風呂に浮かべる方も多いですよね。

【陳皮の効能】健胃作用、整腸作用、去痰作用、鎮咳作用、発汗作用、血圧降下作用があります。