セラミドが「美肌保湿」の決め手です

美肌の鍵、保湿に重要なセラミド。ヒアルロン酸なども有名ですが、なんといっても保湿の決め手はセラミドといわれています。

健康な肌は、肌表面の角質層に約30%の水分を含んでおり、この水分量が30%より少なくなった状態が乾燥肌です。

さらに10%以下になると、肌がとても敏感になります。

肌の水分量を左右するのがセラミドで、肌内部に水分を閉じ込める働きがあり、年齢とともに減少してきます。

「本当に正しい大人のスキンケア」 吉木伸子著

ですから、セラミド配合の保湿剤でスキンケアすることが大事なんですね。

日本にいたころは、乾燥する寒い時期のスキンケアに、花王キュレルを使っていました。

アメリカではセラミド入りスキンケア商品といえば、CeraVeが人気があります。皮膚科医も推奨しています。

現在そのクレンザーを使用しています。↓

セラミド、敏感肌、皮膚の保湿

CeraVe Foaming Facial Cleanser 12 oz (355 ml)

まったく肌がつっぱらないし、刺激がないので、お気に入りです。メイクも落とせるとありますが、洗浄力は弱いので、普通の洗顔料として使っています。

皮膚の保湿には、CeraVeではないのですが、Earth Scienceのセラミド入りクリームを使っています。

セラミド、敏感肌、皮膚の保湿

べたつきがなく、使い心地がいいのですが、保湿が少し足りないと感じるときは、前回の記事でご紹介したアルガンオイルやニベアも重ねづけしています。

肌の乾燥が気になり始めたら、ひどくなる前にセラミドでしっかり保湿ケアしましょうね。 😀

皮膚科医・吉木伸子先生の最新本
今さら聞けないスキンケアの正解新版 [ 吉木伸子 ]