断捨離|肌に合わなかったクリーム

年末が近づき、新年を気持ちよく迎えたいので、断捨離しています。

アメリカの住宅は日本の物と比べると、かなり広々としていて収納も十分にあります。

 

8-bit RGB flat IBM byte order uncompressed TIFF file, 4078x4080 pixels (13.59x13.60 inches) @ 300.00 pixels/inch, written by Adobe Photoshop 7.0

 

しかし、あらゆる祝日に併せて、そこら中でセールが行われ、買い物意欲がそそられ、物が増える一方なんですよね。

今年は日頃からミニマリストを目指して、不要なものは捨てるか寄付してきたのですが、それでも思い切りに欠けて、ついつい取っておいてしまった物も幾つかあります。

日本人には「もったいない」という教えがあり、物を大切にする概念がありますからね。

もったいないと思って、捨てるに捨てられなかった物の中に、肌に合わなかった乳液やクリーム類があります。(まだ半分も使ってなかったりすると、ついつい「もったいないな~」って捨てられないんです)

それらのクリーム類は、手やかかとのケアに使っていたのですが、メイク落としにも使うようにしました。

 

断捨離、肌に合わないクリーム

 

コットンにとって、ポイントメイク落としにしたり、手に多めにとって、顔全体に優しくなじませ、軽くティッシュオフしてから洗顔します。

案外メイクがよく落ちて、肌が乾燥しすぎないので良いと思います。

*肌に合わないといっても、べたつきすぎたり、保湿が足りなかったものです。肌にしみたり、ブツブツができてしまうようなクリームはメイク落としには使っていません

 

それから、夏の日焼け後に使おうと思って買った、アロエベラジェル。

 

断捨離、肌に合わないクリーム類

 

このジェルはVitacostブランドのものなのですが、なんだか肌に膜ができるような感じが嫌だったので、今はシェービングジェルとして使っています。

お風呂やシャワー中、肌が柔らかくなっているときに、このジェルを多めに塗ってムダ毛の処理をすると、普通のシェービングクリームやシェービングジェルと同様、キレイに処理できます。

 

肌に合わなかったものでも、工夫してみると、あなたも再利用できるものがあるかもしれませんよ。

必ずできる!断捨離BASIC [ やましたひでこ ]