クリニックで受けるそばかす治療 その1

シミ、すっぴん、美肌クリニックで受けるそばかす治療には、いくつかの方法があります。

大きく分けると、レーザーや光による治療、そして外用薬、内服薬による治療の3種類です。これらを組み合わせて治療するクリニックも多くあります。

今回は、機器を使用する治療法をご紹介します。

【レーザー治療】

レーザー治療は効果が高く、1回の治療でそばかすが消える場合もあります。ただ、レーザー照射後、肌が赤くなったり、一定期間テープを貼る必要があったり、メイクができないなどのデメリットもあります。

一般的に治療が完了するまでに、2ヶ月から半年ほどの期間がかかるといわれています。

【フォトフェイシャル】

レーザー治療と似ていますが、フラッシュ光線を肌に照射して、そばかすを治療する方法です。レーザーに比べ、肌が赤くなったりすることがほとんどなく、肌に優しいのが特徴です。

フォトフェイシャルの光は、治療したい部位にだけに吸収されるので、そばかすのできていない部分を傷つけることがないので安心です。ただし、1回の照射で治療が完了することは少なく、3~5回は通う必要があるようです。

【イオン(超音波)導入】

高濃度ビタミン剤であるビタミンAやビタミンCを肌に浸透させるために、イオンや超音波機器を使う方法です。美白・美肌効果のあるビタミンAやビタミンCがそばかすに直接作用すると、そばかすが薄くなるというわけです。フォトフェイシャルと共に施術されることが多いようです。

この方法も肌に優しい治療法で、1~2週間に1回、2~10回程度、導入に通う方もいるようです。

今日も応援クリックしていただけたら嬉しいです。

人気ブログランキングへ