そばかす

そばかすのお手入れ方法には主に次のものがあります。

【紫外線対策】

そばかすは、紫外線により量が増えたり、濃くなったりすることがあります。そばかすのお手入れで最も大切なことは、紫外線対策をきちんとすることです。

外出時はもちろん、屋内にいる時も窓ガラスを通して紫外線は入ってきます。特に窓際で長時間読書をしたり、お昼寝をするときなどは、紫外線対策をきちんと行いましょう。

【肌に刺激を与えない】

肌を刺激すると、メラニン生成が促されることになり、そばかすが増えてしまったり、濃くなってしまったりする可能性があります。ふき取り用メイク落としやコットンで肌を強くこすったり、タオルでふく際にも強くこすらず、優しく抑えるようにふきましょう。

【ビタミン類、たんぱく質などの摂取】

肌に必要な栄養素は日頃から意識して摂るようにしましょう。

【ビタミンA】 皮膚や粘膜の健康、正常な細胞分化などに大切な栄養素で、活性酸素を除去するβカロチンに変化します。シミ、すっぴん、美肌

ビタミンAを多く含む食品:レバー、卵、ほうれんそう、にんじん、かぼちゃなど、色の濃い野菜や果物。

【ビタミンE】 別名「若返りのビタミン」といわれ、抗酸化作用があります。その他、血行を良くし、お肌の新陳代謝を促進してくれるので、美肌効果が期待できます。

ビタミンEを多く含む食品:植物油、ナッツ類、ほうれん草やかぼちゃなど色の濃い野菜、木綿豆腐、卵、レモン,キウイフルーツ,たらこ,いわし,うなぎなど。

シミ、すっぴん、美肌【ビタミンC】 肌に重要なコラーゲンの生成に働きがあります。細胞の健康を守り、メラニンの定着を防いでくれます。

ビタミンCを多く含む食品:レモン、キウイフルーツ、いちご、オレンジ、青梗菜、小松菜、ブロッコリー、赤ピーマン、ほうれん草、トマト、アスパラガスなど。

*卵、牛乳、鶏肉のささみなどは、ビタミンCと相性の良いたんぱく質が含まれており、コラーゲンが豊富に作られるといわれています。