脂漏性角化症

老化と共に、顔や背中などに多く見られる、黒く盛り上がったシミ(良性の腫瘍)が「脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)」です。

「年寄りいぼ」、「老人性疣贅(ゆうぜい)」などとも呼ばれており、シミの大きさは数ミリ大の小さなものから、1円玉大くらいのものまで様々です。

通常のシミと混ざって存在することが多く、最初平坦なシミだったものが、だんだん盛り上がってきて脂漏性角化症となることもあります。

シミ対策自宅でのセルフケアで治すことは難しいシミで、クリニックでの治療が必要となります。治療法としては、手術、凍結療法、レーザー治療などがあります。

とくに麻酔を必要としない、液体窒素を用いてシミを凍らせてしまう凍結法は、他の治療法に比べ施術しやすいこともあり、よく用いられます。

凍結療法後は、一週間から二週間ほどでシミが表面から自然に剥がれ落ちてきますが、1度で完全に取れることは少なく、数回の治療が必要になる場合が多いです。

今日も応援クリックしていただけたら嬉しいです。

人気ブログランキングへ